個人利用条件一部改定のお知らせ / Amendments to Personal Terms

(English follows Japanese) 弊社は、2022年4月22日を効力発生日とし、個人利用条件の一部を改定いたします。主な変更箇所は以下の通りです。 1) 第3条(Revolutアカウント開設資格) 反社会的勢力排除に関する規定の明確化と外国PEPsに関する規定の追加  <変更前> 20歳以上でなければ、お客様アカウントを開設することができません。 また、お客様が、(1)反社会的勢力の構成員である場合、(2) 反社会的勢力を支援したり、経済的または他の方法で反社会的勢力の維持、管理等に関わったり、関係を持つ場合には、お客様アカウントを開設することができません。 <変更後> 20歳以上でなければ、お客様アカウントを開設することができません。 また、お客様が、(1)反社会的勢力(暴力団、暴力団員、

TEAM REVOLUT JAPAN

[重要なお知らせ] 国内送金の振込手数料改定について

国内送金の振込手数料を変更しますいつもRevolutをご利用いただき、ありがとうございます。 お客様のRevolut体験を改善するために当社は様々な取り組みを行っています。 今回国内送金の振込手数料を変更します。 かかる変更は2022年4月25日(月)から反映されます。 国内送金Revolutアプリから日本の国内銀行の円建て口座へ振込を行う場合、国内送金とみなされます。 現在の振込手数料 現在、スタンダード、プレミアム、メタルの各プランはそれぞれ毎月1、5、10回の無料国内送金枠があります。無料国内送金枠の使用後は、1回の送金取引につき220円の振込手数料をお支払いいただいています。 新しい振込手数料 今回、各プランにおける月々の1、5、10回の無料国内送金枠を5、10、15回に増やし、新たに月額100万円の無料国内送金枠を設定します。各月の送金合計額が無料国内送金枠を超過すると、送金金額の2%の振込手数料が適用されます。 今後: スタンダード、プレミアム、メタルの各プランについて、

TEAM REVOLUT JAPAN

A Personal Letter from Revolut CEO (3/1/2022)

この度のウクライナ情勢に関連して当社グループ創業者ニコライ・ストロンスキーから以下の声明をグローバルメディアのForbes において3月1日付で出させていただいております。Revolutグループは一貫して戦争に反対であり、ウクライナを支援していることをお伝えさせていただくために、日本のお客様には本Blogにて本声明をご紹介いたします。 なお、文中でも一部触れておりますが、グループ創業者のニコライ・ストロンスキーは、旧ソビエト連邦下の現ウクライナで子供時代を過ごしており、現在はイギリスとロシアの双方の市民権を保有しています。もう一人の文中で触れられている、ヴラッディスラブ・ヤツェンコはウクライナ人で、現在ウクライナとイギリスの市民権を保有しています。 私が子供の頃、ロシアとウクライナの間で戦争が起こるということは考えられませんでした。戦争で罪のない人々の命を奪うことは、間違いであるというだけでなく、私にとってはウクライナ人もロシア人も「親族」だと思っていたからです。 ヴラッディスラブと私がロンドンでRevolutを設立したとき、私たちの出身は問題になりませんでした。私たちは、同じ目的と大きなビジョンを持った2人の兄弟だと感じていました。 それは今日も、変わりません。 私はロシア出身で、今はイギリス国籍を持っていますが、

TEAM REVOLUT JAPAN

The War on Ukraine - Our Response (2/26/2022)

ウクライナでの戦争は、私たちにとって心が痛む出来事です。 私たちの共同設立者のひとりがウクライナ人であることはすでにご存じの方も多いと思いますが、私たちのスタッフの多くがウクライナを拠点にしていることはあまり知られていないかもしれません。私たちの最大の関心事は、これからもずっと、家族同然の同僚の安全です。 レボリュートは英国の会社ですが、世界中の人々を雇用していることに大きな誇りを持っています。だからこそ、社員が暮らしている場所で恐ろしいことが起きたとき、私たちには彼らを支援するためにできる限りのことをする義務があります。 この危機が起こった当初から、私たちは何よりもまず、ウクライナにいる従業員を守り、彼らとその家族を支援するためにできる限りのことをしてきました。事態が深刻化するにつれ、ウクライナにいる従業員が転居を希望する場合には、転居支援を行いました。この支援は、従業員が他の国やウクライナ国内の別の場所への転居を希望する場合に行われてきました。さらに、グローバルなセキュリティ・ソリューション・パートナーと契約し、従業員へのガイダンス、緊急時の後方支援、ウクライナの最新の治安情報を提供しました。現在もまた、友人や同僚をサポートするためにできることがまだないか、継続して調査と評価を行っています。 その一方でロシアの侵攻の全容が明らかになるにつれ、私たちは、

TEAM REVOLUT JAPAN

お客様名義の銀行口座の追加方法(法規制に基づく必要事項)

(English follows Japanese) 日本の規制に従い、お客様名義の銀行口座情報(金融機関コード、支店コード、口座番号)をRevolutアプリに追加していただく必要があります。 口座情報の追加を以下の手順に従って行うことで、アプリを使って送金もできるようになります。 アプリのホーム画面を開く画面中央にある【⇄送金】ボタンをタップ画面右上にある【+新規】ボタンをタップ【銀行口座の受取人を追加】を選択お客様名義の口座情報(金融機関コード、支店コード、口座番号)を記入受取人名は、登録されている口座名義の通りに、カタカナまたはアルファベットで正確にご入力ください画面下にある【受取人の追加】ボタンをタップ以上でお客様名義の口座情報を追加することができます。 You now need to add your external

TEAM REVOLUT JAPAN

『メタルプラン』サービス開始 🇯🇵

(English follows Japanese) ついにRevolutの最上位プランである「メタル」が日本に登場しました! この新しいプランで、ワンランク上の生活を楽しんでみませんか? メタルへアップグレードする方法はとても簡単です。 まずはアプリが最新版にアップデートされていることをご確認ください。 続いて、アプリ内の「プロフィール」にアクセスし、「料金プラン」をタップしてメタルにアップグレードしていただけます。 メタルプランで発行いただけるメタルカードは、重厚感溢れる18gのステンレス製で、ブラック / ゴールド / ローズゴールド / ラベンダー / スペースグレイの5色からお選びいただけます。 また、毎日のお買い物でRevolutカードをご利用いただくと、1%のメタルキャッシュバックを毎月最大5,000円獲得いただけます。 ※毎月のキャッシュバック獲得額は、メタルプランご利用開始日から起算して1ヶ月ごとにリセットされます。 ですが、今回はこれだけではありません! メタルプランのサービス開始を記念として、

TEAM REVOLUT JAPAN

カード利用額10%キャッシュバックキャンペーン💸🎌(12/29まで)

English follows Japanese. いつもRevolutをご利用いただき、ありがとうございます。 12月7日から12月29日の期間中、国内銀行口座から資金をチャージの上、Revolutカードをご利用いただくと、ご利用額の10%分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。詳細については、以下をご確認ください。 キャンペーン期間 📆 2021年12月7日(火)〜 12月29日(水) キャッシュバック対象者 🤔 ・日本の全Revolutユーザー ・キャンペーン期間中に国内銀行口座経由でRevolutアカウントにチャージし、かつ、チャージした金額をRevolutカードでご利用いただいた方 ※カード経由でチャージした金額は対象外となります。 キャッシュバック金額 💰 キャンペーン期間中に国内銀行口座経由でチャージされた金額をRevolutカードでのご利用額総額の10%分をキャッシュバックいたします。(1人あたり上限2,000円) キャッシュバック受取時期・方法 📲 1月中旬にRevolutアカウントを通じてキャッシュバックいたします。 キャッシュバック金額の具体的な計算方法は?🔢 キャッシュバック金額は、

TEAM REVOLUT JAPAN

システム障害に関するお知らせ/System Incident Notification

[12月3日投稿] お客様各位 平素よりRevolutをご利用いただき、誠にありがとうございます。 11月26日 20時15分頃〜11月27日 2時31分頃までの間、Revolutアプリへのアクセス集中によりに障害が発生いたしました。 上記時間帯は、一部お客様においてRevolutカードでの支払いや送金、資金追加などができない状態でございました。 11月27日 2時31分には復旧し、現在は復旧し通常どおりにご利用いただける状況となっております。 お客様には多大なるご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。 ご不明な点がございましたら、アプリ内チャットよりカスタマーサポートまでお問い合わせください。 Addressing a App outage incident Recently, some of our customers might have noticed that

TEAM REVOLUT JAPAN